原発事故コストを国民負担にする「中間とりまとめ」にパブコメを出そう


電力システム改革貫徹委員会の「中間とりまとめ」に関するパブリックコメントが募集されています。1月17日(火)締切りです。
本ブログでも取り上げましたが(12月21日版。「過去のブログ倉庫」にあります。2016-12)、これは看過できない重要な問題をはらんでいます。
膨大に膨らんだ福島原発事故の処理費用、本来は事故を起こした東京電力が負うべきところ、電気料金への上乗せによって国民が(電気料金として)負担することを強要するものです。そればかりか、電力9社が保有する通常の原発の廃炉費用について、すべての電力利用者に負担を求めるものです。
要は、東電救済と大手電力会社優遇の策であり、原子力発電固有のコストを電気料金に上乗せし、国民負担に転嫁する仕組みであり、原発維持温存の仕組みが整ってしまうことになります。
しかもこの重要な制度変更が、国会議論も行われずに、経産省の省令によって、行われてしまうのです。
1月17日(火)締切りに間に合うよう、短くても私たちの思いを込めて、是非パブコメを経産省に送りましょう。公募要領、提出先はこちらにあります。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620216013&Mode=0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国際環境NGO FoE Japanの吉田明子さんからの呼びかけを一部転載します。
(転送・転載歓迎)
―――――――――――――――――
【原発事故費用・廃炉費用- 東京電力が責任を取らないまま、国民負担でいいの?? 】
https://publiccomment.wordpress.com/2016/12/20/baisyohairo/
(パブコメくんウェブページ)
東京電力の責任が問われないままに、福島第一原発事故の廃炉・賠償費用の一部、通常の原発の廃炉費用の一部を、「託送料金」で回収できるようにしよう、という案が、導入されようとしています。
経済産業省の委員会で、9月下旬からのわずか2か月強の議論で「中間とりまとめ」が出され、現在パブリックコメントにかかっています。
(★追加)2016年12月20日に閣議決定された「原子力災害からの福島復興の加速のための基本指針」のなかに、「国の行う新たな環境整備」(26ページ)として、一般負担金「過去分」のうち2.4兆円を託送料金で回収するという、現在パブコメにかかっている内容がすでに書き込まれています。
パブリックコメントにかけながら、すでに閣議決定に盛り込んでいるというプロセスは、明らかに不当です.
・2016年12月20日「原子力災害からの福島復興の加速のための基本指針」(経済産業省)(同日閣議決定)23~28ページ
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/kinkyu.html#kihonsisin

◆パブコメのポイント:もう少し詳しく見たい方はこちら!
(ページ数は、「中間とりまとめ」のページ数です)
0.<全体>2016年12月20日に閣議決定された「原子力災害からの福島復興の加速のための基本指針」のなかに、「国の行う新たな環境整備」(26ページ)として、一般負担金「過去分」のうち2.4兆円を託送料金で回収するという、現在パブコメにかかっている内容がすでに書き込まれています。パブリックコメントにかけながら、すでに閣議決定に盛り込んでいるというプロセスは、明らかに不当です。
1.<全体>福島第一原発事故について、東京電力(経営者、株主、債権者)の責任が問われないまま 「国民負担」の方法が議論されていることは、本末転倒です。 また、経済産業省令だけで決めるのではなく、国会で議論すべき問題です。
2.<全体>福島第一原発事故の事故処理・賠償費用21.5兆円の問題と「切り離されて」、  負担方法だけが論じられています。
3.<18ページ>「事故に備えて積み立てておくべきだった過去分」という考え方は非合理であり、常識的には考えられません。
4.<20ページ>(東京電力が責任を取った上でさらに不足する賠償・事故処理費用について)原子力の発電事業者が負担するのが原則であり、「託送料金」での回収は原則に反しています。  発電コストとして回収すべきです。
5.<20ページ>廃炉・賠償費用を含めてもなお、原発が低コストであるならば、当然事業者負担とすべきです。
6.<22ページ>福島第一原発事故の事故処理費用について、「送配電部門の合理化分(利益)」が出た場合には、託送料金を値下げすべきであり、廃炉費用に充てることは電力システム改革の趣旨に反し不適当です。
7.<23ページ>通常炉の廃炉についても、廃炉は事業者責任で行うのが原則です。

◆参考資料:さらに詳しく見たい方はこちら!
・竹村英明さんブログ記事
原発維持温存のため、東電救済を全国民に押し付ける政府
http://blog.goo.ne.jp/h-take888/e/d0e98d10af87cf7ecde40e8c21af6f62

この記事へのコメント