福島の今を考える女たちの会の集い


前回「ニュース100号」で、すでにお知らせしましたが 
福島の現状について、山崎知行さんからお話しをお聞きして、一緒に考えていく集いを開きます。
⇒ チラシ.pdf

東京電力福島第一原発事故からまもなく6年。事故のため変貌してしまった町や村、地域のつながり、家族の生活と健康。事故は収束していないのに復興・帰還の掛け声にかき消されていく・・・。

山崎さんは医師として、これまで定期的に福島に通って被災者の相談に乗ってこられ、現地の状況に精通しておられます。「子どもたちの未来と被ばくを考える会」等でもお聞きしてきましたが、今回あらためて「原発がこわい女たちの会」でもご報告いただいて、リアルタイムでの福島の実情について知り、原発の問題を私たちはどの様に考え行動していくか、自由に語り合いたいと思います。

原発事故、放射能汚染、健康被害、エネルギーなどの問題は、決して他人ごとでも過去のことでもないのです。1人でも多くのみなさまの参加をおまちしています。

 3月4日(土) 14:00~16:30
 フォルテワジマ(本町2丁目)6階
「ボランティアサロン」C会議室
  <どなたでも自由に参加いただけます>

この記事へのコメント