高浜原発うごかすな!集会&デモ に参加しました



4月27日(木)、大阪中之島にある関西電力本店前に16時30分を少し回ったところで着くと、関電包囲全国集会はすでに始まっていました。松浦さんがやってきて合流、偶然に大阪市内在住のMさんにも出会って、今回は女たちの会からは3人の参加でした。

集会の流れは、主催者の挨拶につづき、「関電本店への申し入れ書」の確認と申し入れ代表の送り出し、福井原発訴訟(滋賀)弁護団からと、全国各地から7件、地元関西から8件、と反原発を闘っているグループや個人のアピールがありました。時に全員で関電本店ビルに向かってシュプレヒコールの合いの手を入れながら。

関電に申し入れにいった代表の結果報告もありました。関電側の対応は、事前に約束してあったにもかかわらず、「担当者の代理」が名刺も持たずに遅れてやって来るような、まったく礼を欠くものであったそうです。原発反対派はお客様ではないのです(電力自由化で確かにそうかも)。

関電、高裁、政府の、民意を無視した原発再稼働の推進に限らず、安倍政権のとくに最近の民主主義を破壊する暴挙暴走ぶりと、相次ぐ閣僚の失言暴言に対して、不信と怒りが噴出するような意見が続出しました。

「さよなら原発なら県ネット」の人も言われました。おためごかしの安倍政権は、北朝鮮のミサイル攻撃云々を非難しているが、もしそうなら福井の原発を再稼働などできるはずがない、と。元・京大原子炉実験所の海老澤徹先生から、「原発は自国に向けられた核兵器」とお聞きしたのを思い出しました(2014年1月25日 「子どもたちの未来と被ばくを考える会」主催の学習交流会にて)。

釜ヶ崎日雇労働組合の人からは、安倍政権の原発政策を批判すると同時に、原発再稼働は誰がその仕事を下支えするのか、原発労働者の安全と健康を守るための基準を規制委員会は考えているのか!といった発言がされました。

集会終了の後、近くのうつぼ公園に移動して御堂筋デモに出発。ざっと1時間半、解散地点の南海難波駅前まで歩き続けました。今回は好天でよかったです。集会、デモともに参加者は700名とのことでした。

再稼働の断念とすべての原発廃炉を求めて、これからも粘り強く行動していくしかありません。


P1090464.JPG (関西電力本店ビル)

P1090472.JPG
(御堂筋を行進するデモ隊)

なおこの日の様子はyoutube で見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=cYKaU_JKqsQ

この記事へのコメント