原発がこわい女たちの会結成30年のつどい


「原発がこわい女たちの会ニュース」等でもお知らせしていますが、結成30年のつどいを次のように行います。

福島原発事故 7年目の今
ゲスト・武藤類子さん
◯日時:2017年5月28日(日)14:00~16:30
◯会場:和歌山ビック愛 9階 会議室C
      和歌山市手平2-1-2
      ☎073-435-5245(9F りいぶる) 
http://www.wakayamasposhin.or.jp/big-ai/
◯会費:無料 だれでも参加できます。
〇主催:原発がこわい女たちの会
    連絡先・松浦☏073/451/5960


武藤類子さんプロフィール
1953年生まれ。福島県三春町在住。版下職人、養護学校教員を経て03年、福島県田村市で里山喫茶「燦」を開く。チェルノブイリ事故以来、原発反対運動に携わり、11年は「ハイロアクション福島原発40年」として活動を予定していた。福島第一原発事故発生以来、住民や避難者の人権と健康を守るための活動に奔走している。現在、福島原発告訴団団長。ひだんれん(原発事故被害者団体連絡会)共同代表。
著書:『福島からあなたへ』大月書店、2012
『どんぐりの森から』緑風出版、2014
『強制起訴: あばかれた東電元最高幹部の罪』海渡雄一, 明石昇二郎と共著、Kindle版、2015 等。

2011年「さようなら原発」集会(明治公園)におけるスピーチ→武藤類子さんスピーチ全文pdf.pdf

東京電力福島原発事故の被害を受けられた方々の現状と、その責任を問う闘いについて、直にお聞きすることができる貴重な機会です。みなさんのご参加をお待ちしています。

つどいチラシ→チラシ武藤さん20170528.pdf

この記事へのコメント